M字ハゲの原因はAGAだった!?実際より上の年齢に見られる

薄毛は、見た目に大きく影響することが多くあります。若くても、髪の毛が少なく、薄毛の場合には実際より上の年齢に見られたり、思うようにファッションを楽しめないという人もいるようです。より若く、あるいは年相応に見られたいという場合には、薄毛対策をするのもよい方法です。薄毛になる理由はいろいろあります。

ストレスや、生活の乱れなどが原因の場合などもあります。薄毛は男性にも女性にも見られますが、特に男性に多く見られます。これは、男性特有の薄毛があるためです。男性ホルモンが関係する男性特有の薄毛はaga(男性型脱毛症)と言われます。これは、女性にはない薄毛です。

agaではm字はげも多く見られます

agaには、薄毛になる部分に特徴が見られます。それは、頭頂部や、生え際から薄くなっていくケースが多いということがあります。生え際が後退し、アルファベットのmのようになった状態を、よくm字はげと言いますが、このm字はげになる人も多く見られます。また、最初の頃は、それほど目立たなくても、時間が経つと、一層生え際の部分の毛が薄くなり、m字がはっきりとするm字はげの人も多くいます。頭頂部の場合、最初は上から見ないとわからない状態だったのが、だんだん薄毛の範囲が広くなって、頭の横の部分と、後頭部以外は全部薄毛になってしまうということもあります。

頭皮のケアで進行を防ぐ

時間の経過とともに、頭頂部の薄毛が広がったり、m字はげがよりくっきりとしてしまうのは、agaの仕組みのせいです。agaでは男性ホルモンの影響によって薄毛になっているため、放っておくと、どんどん進行する可能性があるのです。しかし、髪の毛の成長が抑制されてしまっているだけで、毛根が破壊されているわけではありません。ですから、髪の毛の成長を促すようなケアをすることで、薄毛の進行を抑えることができる可能性があるのです。髪の毛のケアは、まず頭皮を清潔に保つということです。皮脂や汚れで毛穴が詰まっていると、一層抜毛が進行する可能性があります。そして育毛剤などを使用してケアをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です