育毛剤の副作用で体毛が濃くなるとは?

薄毛に困っている人は男性・女性問わず世の中に大勢いると思います。
そんな人たちが頼りにできるのは病院の先生か噂で流れている髪に良いもの、または育毛剤です。
病院に通ったところでしっかり生えてくるまではまだまだ医療は進歩していません。
もちろん髪に良いとされている食品や習慣は日頃から試していると思いますが、それでもなかなか改善されません。

育毛剤の効果が抜群であればそれが一番頼りになります。市販でもかなりの数があります。
育毛剤の効果にはいくつか種類があり、血行促進(栄養補給)、細胞分裂促進、毛穴洗浄などです。
現在市販されている育毛剤のほとんどが血行促進(栄養補給)のカテゴリーの中に入ります。
血の巡りが悪くなると頭皮は途端に育毛循環サイクルが途絶えてしまうことが研究でわかっています。
血の巡りをよくしてあげれば頭皮に血液が通い、健康な髪の毛が生えるための栄養が補給されることになります。

貧血や低血圧、慢性的なストレスや生活習慣などでこういった現象が起こります。
頭皮や血流の状態は、病院の皮膚科でチェックできるので自分の状態をチェックすることができます。
細胞分裂促進は比較的新しい育毛剤で、毛を成長させる細胞の細胞分裂を活発化させ毛を多く育てます。
効果も実証済ですので薄毛に困っている人には効果的です。
毛穴洗浄は、その名の通り毛穴の中を洗浄するタイプです。
毛穴の中を綺麗にして血の巡りを良くし、栄養を行き届かせます。
しかし、育毛剤にも副作用があります。
自分に合ったものを選ばないと逆に頭皮を傷つける可能性もあります。
主な副作用は、頭痛・吐き気・めまい・胃の不快感・性欲減退・頭皮のかゆみ・炎症・体毛が濃くなるなどです。

育毛剤は人体へ影響を及ぼす可能性は極めて低いとされていますが、やはり色々な成分が入ってできている製品なので、自分に合ったものを見つけ、用法・用量を守って正しく使うことが大切です。
病院に通っている人なら医師と相談し、内服している薬と併用するのもいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です